脂溶性ビタミン 過剰摂取の副作用

脂溶性ビタミン 過剰摂取の副作用

脂溶性>ビタミン過剰摂取には副作用はあるのでしょうか?

 

 

脂溶性ビタミンは水溶性ビタミンと違い、
過剰摂取しても排出されず、脂肪組織や肝臓等に貯蔵されます。

 

 

そのため、過剰摂取すると体内に過剰に蓄積し、
脂溶性ビタミンの副作用を起こしやすくなります。

 

 

ビタミンEは細かく分けると8種類あり、
ほとんどは水溶性ビタミンと同じように余計な分は排出されます。

 

 

ビタミンEの中でも最も活性の高い
D-α-トコフェロールはタンパク質と結合して
体内に貯留されんますが、厚生労働省の報告によっても
過剰摂取による弊害は認められていません。

 

 

ビタミンDはカルシウムの吸収を高める作用があるため、
長期にわたってビタミンDを過剰摂取すると
高カルシウム血症を起こす可能性があります。

 

 

ただし、ビタミンDが不足すると筋力の低下が起こるため、
アスリートやトレーニングをする人たちは不足しないように
サプリメントで補う必要があります。

 

 

また、家の中に引きこもりがちな人は
日光の照射によってつくられるビタミンDが不足しがちのため、
サプリメントでの摂取が勧められます。

 

 

ビタミンAのフィンランドで行われた研究によれば、喫煙者に限り、
βカロテン(ビタミンAの前駆体)を過剰摂取することで
ガンでの死亡率が高まったという結果がでています。

 

 

ただし、この研究の調査期間は、5〜8年という長期のため一般的なものとはいえません。

 

 

そのうえ、βカロテンは本来、抗酸化物質として働きますが、
そのときは、ビタミンCやビタミンEが一緒に働きます。

 

 

喫煙者は体内のビタミンCが少ないため、
βカロテン自体が弱い活性酸素になってしまうのです。

 

 

逆に、ビタミンCを摂取していれば、βカロテンの害はなかったのかもしれません。

 

 

なお、厚生労働省の報告では、ビタミンAを適切に摂取する場合は安全性の確認されています。

 

 

また、一時的な過剰摂取では副作用の心配はありませんが、
長期的な過剰摂取では副作用の可能性があるとされています。

 

 

◆脂溶性ビタミンの過剰摂取による副作用のまとめ
脂溶性ビタミンは体に吸収されやすく、は尿などから排出されないため、
過剰に摂取した場合は肝臓や体内の脂肪組織などに貯蔵されます。

 

その結果、過剰摂取による副作用が出やすいのです。

 

・ビタミンA
頭痛、顔面紅潮、皮膚の乾燥、筋肉痛、食欲不振、関節痛、
皮膚色素沈着、脳圧亢進、急性中毒、胎児奇形、仮性脳腫瘍、吐き気、嘔吐など。

 

・ビタミンD
食欲不振、吐き気、頭痛、皮膚のかゆみ、腹痛、筋緊張低下、
脱水症、下痢、便秘、多尿、腎石灰化、腎不全、尿路結石、高血圧症、不眠など。

 

・ビタミンE
皮膚のかゆみ、ほてり、むくみ、胃の不快感、頭痛、疲労感、筋力低下など。

 

・ビタミンK
新生児溶血性貧血、過ビリルビン血症、大人の溶血性貧血、血液凝固能の亢進など。