ビタミンの副作用と効果・効能

ビタミンの副作用と効果・効能

ビタミンの副作用と効果・効能

 

ビタミンとは

 

ビタミンは、直接体をつくる成分ではありませんが、
人体の生命維持活動に不可欠な成分です。

 

 

私たちが生きていくためには、食べ物を消化したり、エネルギー生産したり、
骨や筋肉、内蔵などの細胞をつくったりといった、体内の様々な化学反応が必要です。

 

 

この体内で起こる化学反応を「代謝」といいます。

 

 

代謝の時に必要になるのが酵素で、
消化酵素や抗酸化酵素、エネルギーを合成する酵素、
DNAを複製する酵素と様々な酵素があります。

 

 

この酵素はタンパク質の一種であることから、十分なアミノ酸の摂取も必要になります。

 

 

ただし、十分なアミノ酸を摂取して、
酵素だけ体内にあればいいというわけではありません。

 

 

この酵素が反応を起こす時に、ビタミンが必要になります。

 

詳しくは、「ビタミンとは」へ

 

 

ビタミンの副作用

 

ビタミン自体には副作用はありませんが、
過剰摂取した場合に、様々な症状がでる場合があります。

 

 

ビタミンには、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあります。

 

 

過剰摂取した場合のケースにおいて、
水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンには、大きな違いがでてきます。

 

 

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの過剰摂取について、
意するべきポイントと、どのような症状がでるのか個別にみてみましょう。

 

詳しくは、「水溶性ビタミンの過剰摂取と副作用」へ

 

詳しくは、「脂溶性ビタミンの過剰摂取と副作用」へ

 

 

ビタミンの効果・効能

 

ビタミンの効果・効能といっても、各ビタミンごとに異なります。

 

 

詳しくは、以下のページを参照してください。
ビタミンAの効果・効能
ビタミンBの効果・効能
ビタミンCの効果・効能
ビタミンDの効果・効能
ビタミンEの効果・効能
ビタミンKの効果・効能
ナイアシンの効果・効能
パントテン酸の効果・効能
葉酸の効果・効能
ビオチンの効果・効能