ビタミンの摂取方法

ビタミンの摂取方法

ビタミン摂取方法は、食品から摂取する方法と
サプリメントで摂取する方法の2つです。

 

 

食事から摂取することが一番良いとされていますが、
食事からだけでは、摂取量や安全性について問題があります。

 

 

◆食品の場合の問題点

 

・農薬や除草剤の影響
・野菜自体の栄養成分が少ない
・十分なビタミンは食事からのみは不可能
・安全で栄養豊富な野菜は高価

 

 

ちなみに、厚生労働省も
「妊婦は葉酸のサプリメントを摂取することを勧めるとしています。

 

 

食事からの摂取のみを推奨したいところでしょうが、
胎児の障害を防ぐために、食事では摂取量は足りないのです。

 

 

また、自然の野菜には防御機能があり、
食べられてしまわないように毒物を持っています。

 

 

この、防御機能の一つが、野菜のアクなのです。

 

 

そのため、自然のものが体にいいとは限りません。

 

 

また、食品から完璧にビタミンを摂取するには、
高価な有機野菜を使って、なおかつ3食とも
管理栄養士につくってもらわないといけません。

 

 

そのため、食品とサプリメントの併用が勧められます。

 

 

◆ビタミンサプリメントの選び方

 

・ビタミンC、E、B1、B2が多く入っているものを選ぶ。
・錠剤が小さめのものか、パウダー状の物を選ぶ。
・1日3回に分けて摂取できるものを選ぶ。
・ゆっくり吸収されるタイムリリース製品は選ばないこと。
 (吸収される前に体外に排出される可能性が高い)
・天然型でも、異常に高いものは選ばないように。

 

 

◆ビタミンの摂取タイミング
ビタミンを摂取するタイミングは、ビタミンの効果に影響します。

 

健康維持、運動、徹夜、力仕事、ストレスなど、
様々な目的でビタミンを摂取します。

 

@健康維持
 健康維持の場合は、毎食後に摂取するようにします。

 

A運動
 運動をする場合には、ブドウ糖やグリコーゲンなどの炭水化物、
 脂肪、タンパク質等の栄養素のエネルギー転換が必要になります。

 

 また、体の回復にもビタミンが必要になります。

 

 この場合、ビタミンB1、B2、ニコチン酸、パントテン酸、B6などB群を、
 運動による肉体的ストレスの解消にはビタミンCも必要です。

 

 そのためには、運動後はもちろんですが、運動前に十分にも摂取する必要があります。

 

Bアルコール
 アルコールの分解をスムーズにするために、ニコチン酸が必要です。

 

 また、アルコールが分解される途中でできる
 アセトアルデヒドという物質を分解するのには、ビタミンCも不可欠です。

 

 摂取タイミングとしては、アルコール摂取の前にたっぶりと取って下さい。